マロンの心臓病の検査へ、片道4時間半

c0253424_12441726.jpg

昨日は夫の運転する車で片道4時間半かけて、マロンの検査に行ってきました。
道中、マロンは思いのほか落ち着いていて
私の膝で寛ぎ、スープ状のオヤツを食べたり
外の景色を眺めたりして過ごしました。

病院でも大人しく検査を受け、先生にも褒められてました。

診断の結果は、心拍数があがりやすいのと
生まれつき僧帽弁に奇形があり、血液の逆流がみられることでした。
しかし程度は軽度~中で、この程度だと
心臓病に気付かないで普通に暮らしてる子も多いということでした。

現在は療法食や投薬の必要はなく、特に注意することもないそうです。
将来的には、咳・胸水・血栓ができてくるかもしれないということでした。
一番心配していた血栓についての詳しい説明・対処法を聞くことができたので
気持ちが楽になりました。
それとマロンの場合は腎臓の検査を定期的に行って
様子を見るようアドバイスをいただいたので、これから注意していきたいと思いました。
c0253424_1383784.jpg

往復9時間のドライブから帰宅したマロン。
外の世界が大変お気に召したようで、玄関を出入りする時に
一緒に出ていこうとするようになりました。
勝手に飛び出すということはないけど、一緒に出掛けたいみたい。
[PR]
by cat_chat_gatto | 2014-07-20 13:13 | マロン
<< パイナップルケーキと夏野菜と猫... ちぐらやベランダにて >>