<   2013年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ダイブするマロン

c0253424_12441376.jpg

ほとんどの猫がそうであるように、マロンも高い場所が好きらしく
ケージの上で寛いだり眠ったりしている。

ケージにはガシガシとロッククライミングでもしているかのように登る。
しかし飛び降りるには高過ぎるので、トイレの時間や熟睡度を見極めて
ケージから下ろしてあげるようにしてた。

掃除機をかける時や、寝室を出入りするときは
ケージの上にいてくれると、脱走防止になって助かるし
あんまりマロンが走り回る時は、ケージの上に乗せたりして
こちらも都合良くケージの上を利用してた。

ある日、ケージの上にいたはずのマロンが寝室を走り回ってて
どうやってケージから降りてるんだろう?って不思議に思ってた。
c0253424_12501915.jpg

床に飛び降りるのは無理だけど
ベッドなら飛び降りた時の衝撃が和らぐと知ってか知らずか
ベッドにダイブして飛び降りてました。
c0253424_1252627.jpg

ベッドに着地して寛ぐマロン。
余裕の表情。
c0253424_1301292.jpg

[PR]
by cat_chat_gatto | 2013-09-29 12:58 | マロン

チョコ姉ちゃんとマロン

c0253424_1046344.jpg

三日前の夜




マロンをチョコがいる部屋に放った時の、微妙な表情のチョコ。













c0253424_10465011.jpg

チョコと遊びたい&じゃれたくてギラギラしてるマロン。














c0253424_10512667.jpg

今朝のチョコ。
マロンが遊ぶ様子を観察中。
c0253424_1054666.jpg

マロンはシャカシャカ音がなるトンネルに夢中。
c0253424_10555535.jpg

もうマロンが怖くないらしく、余裕のチョコ。

昨日までは私の顔色を伺いながら、マロンにどう接するべきか悩んでいたけど
この後、わざとマロンが気づくように近づき
適度な距離を保ってマロンに追いかけさせ、近づき過ぎると高い場所から牽制し
上手にマロンをあやしている風でした。
c0253424_1151871.jpg

今は時間を区切って、チョコが疲れすぎない程度にマロンを放牧。
マロンも疲れたのか、チョコのお水をガブ飲み!
マロンはまだ何事にも夢中になりすぎて、疲れてる自覚がないみたい。


チョコのことを考えると、もっとマロンが小さくて跳ねたり走ったりするのが
遅い頃に対面させた方が良かったのかも、と思う反面
マロンのことを思うと、万が一チョコの反撃にあったとき
それに耐えうる体力がついてからの方が良いのか?とか、考えてしまう。
タイミングって難しいですね。
[PR]
by cat_chat_gatto | 2013-09-29 11:06

チョコ、二度目のワンチン完了

c0253424_1226114.jpg

一昨日、チョコの二度目の5種混合ワクチンをした。
前回はチョコが頻尿になり、脱水を心配したが
獣医師に症状を伝えたところ、アレルギーを起こさないための注射に反応したのでは
ということで、今回はワクチンだけ打ってきた。

食欲がおちることなく、頻尿にもならず、ちょっとダルそうではあったけど
いたって元気!
ワクチン以外に余計なことをしてしまって可哀想なことをした。

病院でのチョコはフリーズしているのもあるけど、とても大人しく良い子。
話しかけると返事をするので、ただフリーズしているわけではなそう。
チョコは本当に物分りの良い子になったのか?
以前の暴れっぷりを思うと、にわかには信じられないけど
前回も今回も大人しくちゃんと診察されてた。
次回は洗濯ネットなしでの診察にチャレンジしてもいいかもしれない。

病院から帰宅して、調子が良さそうだったのでマロンと対面させた。
マロンをチョコがいる部屋で放すと、チョコの方に歩み寄り
鼻と鼻を付き合わせて挨拶をした。
その後、マロンの目つきがギラギラしだして、今にもチョコにじゃれつきそうだったので
マロンには退室願った。

チョコは少し怯えてたけど、挨拶をしてからはマロンの匂いをあまり気にしなくなった。
もう少しチョコの恐怖心がなくなってから、またマロンと対面させる予定。
[PR]
by cat_chat_gatto | 2013-09-26 12:39 | チョコ

仔猫の成長は早いもので

c0253424_12144113.jpg

ほんの2~3日前までセロファンの切れ端と格闘していたマロン
もうネズミのオモチャで遊べるようになりました。
c0253424_121649.jpg

余裕のドヤ顔。
c0253424_12165755.jpg

ジャンプの足取りもしっかりして、仔猫の成長の早さに驚くばかり。
c0253424_12194183.jpg

チョコは赤ちゃん返り?
マロンのフードを欲しがり、少しあげてみたところ
気に入ってコレばかり食べてる。
[PR]
by cat_chat_gatto | 2013-09-16 12:28

マロンの初鳴き

c0253424_22564125.jpg

マロン用の猫ベッドをつくった。
さっそく寛いでる。

なるべくケージから出して運動させるようにしてるんだけど
私がマロンと遊んでる気配があるとチョコがやってきてしまうので
マロンは一人で遊ばせてる時間が長い。

人間が大好きで誰にでもゴロゴロ喉を鳴らして近づいてく性格なので
一人で遊ぶのは淋しそう。

しかし食欲が戻ったチョコの遊びへの要求は激しく
昨夜は3時間も猫じゃらしを振り回し続けさせられ、マロンにまで手が回らない。
夜は夫がマロンの遊び相手を担当している。

マロンは今日になって、猫らしい声をだすようになった。
淋しくて人を呼ぶために声をだしたのかと思うと、ちょっと切ない。
c0253424_238112.jpg

マロンの声をキャッチしているチョコ。
[PR]
by cat_chat_gatto | 2013-09-14 23:11

今時のニャンコ・必死顔のマロン

c0253424_1039254.jpg

チョコも立つけど、マロンもよく立って遊んでる。
今時のニャンコって立って遊ぶ子が多いのかな?
c0253424_10441742.jpg

動物病院に来てる動物たち、10~20年前と比べものにならないくらい行儀良くなった。
昔は吠え続け&鳴き続けてる子達で待合室は大騒ぎだったけど
今時のニャンコ&ワンコは大人しくしてる。
c0253424_10482344.jpg

マロンはまだ動くオモチャで遊ぶだけの身体能力が備わってなくて
化粧品を包装してあったセロファンの切れ端が、今は一番のお気に入り。
カサカサ音がするのが良いみたい。
c0253424_11394899.jpg

そんなセロファンでさえも掴みきれず必死な形相になってしまう。
c0253424_1140207.jpg

掴めた時はいいんだけどね・・・
[PR]
by cat_chat_gatto | 2013-09-12 11:45 | マロン

仔猫がきてから

c0253424_13541657.jpg

仔猫が気になって仕方ないチョコ。

仔猫がきてから食欲が落ち、痩せてしまいました。
オヤツにすら見向きもしない、という有様。
ソファーの裏に隠れて過ごしたり・・・

仔猫が来た日と、出張中の夫の帰宅が重なったのも
チョコの恐怖心に追い討ちをかけた一因かも。
c0253424_1401693.jpg

仔猫はスクリーンの向こう側。
音で動きを探ってます。
c0253424_1423492.jpg

仔猫がきてから今日で4日目。
やっと落ち着きを取り戻してきた様子。

今朝はドライフードが半分減ってました。
いつもの時間にオヤツも食べたし、この調子で頑張ってほしい。
c0253424_1442868.jpg

スクリーンの前も華麗にスルー!!
c0253424_1451077.jpg

・・・と思ったけど、覗き込んで 「シャーッ、シャーッッ!!」

仔猫は落ち着いてるんだけどな~
[PR]
by cat_chat_gatto | 2013-09-11 14:08 | チョコ

チョコに弟分ができました

c0253424_17142946.jpg

先月から悩んでたけど、やっぱり迎えることにしたチョコの弟分。
c0253424_17234487.jpg

チョコもだいぶ環境に慣れてきたし、ワクチンもできるようになったし
決断するならそろそろかと。
[PR]
by cat_chat_gatto | 2013-09-10 17:29 | マロン

ペット栄養管理士・猫の腎臓病、有楽町アピシウス

この週末、ペット栄養管理士養成講習会を受けてきました。
今回は猫の腎臓病につい知ることができ、私にとって有意義でした。

先代は14才の時に血液検査で慢性腎不全と診断され、21才までの7年間
闘病生活を続けました。
闘病生活といっても6年間は食事療法だけで、ごくごく普通に暮らしていました。
最後の半年は月2回の通院が週一になり、週二になり、毎日になり、
最後の1週間は入院する体力もなく、昼の間だけ点滴のために預けるといった具合でした。

いま思い出しても胸が締め付けられ、悲しみがこみ上げてきます。

そのような訳で、テキストが手元に届いてから腎臓病についての項目は予習することができず
当日、会場で早期発見する為に何が必要か、腎不全初期で発見してからの寿命がどのくらいか等について知ることができました。

・早期発見するには、8才を過ぎたら尿検査をこまめに行うこと。
  早期発見といっても腎臓の機能が70%壊れて、はじめて尿に症状が出るということでした。
  血液検査で慢性腎不全と診断された時には腎臓の75%が壊れている状態。
  猫の食欲が落ちたり、吐く回数が増えたり、痩せる等の症状がみられる頃には
  腎機能のほとんどを失っているということ。
・ 腎臓の機能が70%以上失われてからの寿命が平均4年であること。

先代の治療期間を伝えると、ほとんどの獣医師が驚いていた理由が分かりました。
身体の大きな猫でしたので、腎臓も大きかったのではないかと思います。

チョコにも大きくなってほしくて、成長期の間にたくさん食べてほしいと思っているのですが
ノラ生活が長かったせいか、食欲にムラがあり、あまり大きくなれそうもありません。
先週、体重をはかったら3.1kgしかありませんでした。

c0253424_10461651.jpg

講習会受講のため、今回は1泊だけ家をあけました。
帰宅するとチョコは、私の姿を確認してからソファーの裏に隠れてしまいました。
こんなことはしばらく振りだったので、淋しいような・仕方ないなという諦めのような・なんとも複雑な気分。
夫は毎日チョコにこのような態度をとられて、こんな気分になってるのかと・・・

いまは安心しきった顔をして、私の横で眠っています。

本当に夫にも懐いてほしいな。
c0253424_11302349.jpg

ペット栄養管理士養成講習会、今回3度目の受講でした。

一度目は今回と同じ、明治大学アカデミーコモンにて。
この時は隣の山の上ホテルに宿泊し、休憩は部屋に戻ってルームサービスでゆっくり。
夜は神楽坂や新橋で友人と飲んだくれてました。

2度目の講習会は新宿
昼休憩は、やっぱり部屋に戻ってゆっくり。
じゃないと新宿はどこも混んでいて、何をするにも並ばないとならない状態で
たった1時間の休憩で昼食をとるのは本当に大変だと思います。

今回は山の上ホテル泊ではなかったけど、ランチは山の上ホテルのラウンジで過ごしました。
すいているので大きなテーブル席を独り占めして、テキストを広げて予習・復讐できるし
トイレにも並ばなくてすむし清潔感があるし、これから受講を受ける方にお勧めです。



今回は夫も東京に用事があったので、東京駅のホテルに泊まり
有楽町で食事をしてきました。

アピシウス
c0253424_115425.jpg

ワインはヴォギエのミュジニー・ヴィエーユ・ヴィーニュ1999
料理はコースで7皿、アラカルトで2皿いただきました。
c0253424_1215165.jpg

牡蠣とウミガメのスープはアラカルトなのですが、注文してすぐに私たち専用のメニューを作ってくれました。
ウミガメのスープはアピシウスの看板メニューですが、ワシントン条約が気になる@@
聞いてみたところ、小笠原では調査のため4~6月に漁が行われているということでした。

写真を撮らなかったけど「雲丹とキャビアの野菜クリームムース・コンソメゼリー寄せ」美味しかったです。
ワインは文句のつけようもなく、 素晴らしいの一言。


充実の一泊二日でした。
[PR]
by cat_chat_gatto | 2013-09-04 12:15 | 外飯・外出