<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

去勢手術

c0253424_0102295.jpg

23日は午後11時までに食事をすませ、24日は午前7時までに水飲みをし
24日のお昼頃、去勢手術をしてきました。

心臓に疾患がみつかったので、シニアの子の手術をするような態勢で臨みました。
午後3時には麻酔から覚め、起きてキョロキョロしていたらしいです。

心臓に疾患があったので普通よりリスクが高く、本当に手術をして良いものか
心配で眠れない日が続いてたけど、これでやっと安心して眠ることができそうです。
c0253424_0182144.jpg

病院では大人しく良い子にしていたマロンでしたが、帰宅した途端
カラーを外して欲しくて暴れてます。
c0253424_023881.jpg

この後、壁にぶつかってみたり水に浸けてみたり・・・
カラーは外れなかったけど、点滴用の針を装着してある腕のカバーが外れてしまいました。
食欲もあって元気なので、明日には外すものだけど、、、
c0253424_0254328.jpg

さすがに疲れが出たのか、今はスヤスヤと眠ってます~
[PR]
by cat_chat_gatto | 2014-02-25 00:33 | マロン

マロンの心臓病

c0253424_16233725.jpg

先月はマロンの去勢手術を予定していたけど、私の口腔手術(自家骨・ブロック移植)の予後が悪く
今月になり、やっと落ち着いてきたので動物病院に予約の電話をすることができました。
その時にマロンの気になる行動について伝えると手術前に診察をしたいということで
4日、病院で検査をしてきました。

エコーで心臓を診てもらったところ、左心房・左心室、大動脈に血液の逆流があり
猫には珍しい心臓弁膜症の症状がみられました。

レントゲンはマロンがジッとしていられなかったので、次回再チャレンジして
心臓の肥大がないかを診ることになりました。
エコーでは肥大はみられませんでした。

去勢手術はマロンの様子をみながら、心臓に負担をかけない方法で行うことになりました。

いまはACE阻害薬を処方してもらい、飲水量が落ち着いてきたところです。


マロンの様子については気になる点が多かったにも関わらず
病院に行くのを先延ばししてしまったので、とても後悔してます。

・うちに来た当初から、喉を大きく鳴らすと咳をしているような症状がみられた
・多飲多尿
・激しい運動や室内の温度が高いと口を開けて呼吸をしていた
・暖かい場所を好まない
・心臓の鼓動が早く感じた

こんなに沢山気になることがあったのに・・・



病院から帰宅するとチョコは隠れて出てきませんでした。
初めてマロンと離れたことで不安になった様で、夜中もマロンを呼んでましたが
マロンが私のベッドから動かないので、仕方なくチョコもベッドにやってきて一緒に寝てました。
[PR]
by cat_chat_gatto | 2014-02-06 16:51 | マロン